記事一覧

太陽熱利用給湯システムのご紹介

額田の村ではこの3月から『太陽熱利用給湯システム』を利用しています。
このシステムのおかげで、今まで大量の電気やガスが必要だった施設で使うお湯を賄うことが出来るようになりました。

額田の村のような施設では、利用者さんの食事の準備など、家庭に比べてどうしても多くのお湯が必要ですが、環境に対する影響もありますし、施設の運営費としても負担を感じていました。
そこで、岡崎市から『太陽熱利用給湯システム補助事業』への推薦状をいただき、公益財団法人日本環境協会の『太陽熱利用給湯システム補助事業』、正式名称は「2019(平成31年度)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)」に公募させていただいた結果、補助金の対象となりこのシステムを設置させていただきました。

おかげさまで、環境に負担を掛けずにお湯が使えるようになりました。
とは言え、それで遠慮なくジャブジャブ使っていたら本末転倒です。
今後も日々の業務の中で環境の事を念頭に置き、常に「必要なものを、必要な分だけ」を心がけて取り組んで参ります。

20200302.png

20200301.png